北九州福祉サービス株式会社


メニュー閉じる

社員を知る

求人を探す

よくある質問

会社概要

社員を知る

Interview

・・・

きたふくでは様々な職種や雇用形態があります。
活躍する社員の声をご紹介します。

ケアプランサービスセンター

ケアマネジャー 松尾幸(門司)

やりがいはお客様の“笑顔”

 やりがいを感じるときは、ありきたりかもしれませんが、やはりお客様から笑顔を見せていただいた時です。終末期の方の外出に付き添った際に、ご家族様へサプライズを準備させてもらったのですが、その作成の際に見た笑顔、渡したときの照れくさそうな笑顔が忘れられません。
 仕事では 「その日のうちに」できるだけフットワークを軽く、動けるときはその日に対応することを心掛けています。特に支援経過についてはその日の記憶があるうちに記録するようにします。手帳に記録するのも好きなのでこまめに書くようにしています。と言っても年齢を重ねて忘れることも多く・・・職場の皆さんにはご迷惑おかけしています。

和気あいあいとした職場

 出社すると前日からのニュースやドラマの感想から始まり、和気あいあいとした雰囲気で色んな意見が飛び交います。日頃からのコミュニケーションがとても良いので、仕事での相談もしやすいですね。きたふくの離職率が低いのはやはり職場の雰囲気が良いからでしょうか。これまで勤めてきた離職率の高いところは、今思えばコミュニケーションが取りづらかったように思います。
 きたふくに入社して有給休暇の付与が入職後すぐだったのは嬉しかったです。あと良かったと思うことは、知識の幅が広がった…というよりも、周りに辞書的な上司がいるのでそのように感じています。これまで不安だった制度や曖昧なローカルルールについても的確に答えてくれるので、仕事をしていて安心感があります。
 月に一度のケアマネジャー全体会議での研修は、いつも面白い企画が多く勉強になっています。会社としての研修もたくさん企画されていますが、業務の調整が難しいことも多いので、オンラインやアーカイブ配信等も今後期待しています。

人って変われる!

 私は保育士、介護福祉士、社会福祉士、認知症ケア専門士、終末期ケア専門士などの資格を保有しています。今まで色々な先輩方や同僚、仲間の話を聞く中で、特に勧められた社会福祉士の取得の際には、専門学校に通い、沢山の友人を得ました。今でも色んな相談をしていて資格取得だけでないスキルアップの一つだと思っています。
 リフレッシュの方法は現実世界を忘れて小説や映画、漫画に没頭する事でしょうか。東野圭吾さんは昔から好きですが、お客様から教えてもらった作品も読みます。最近はまっているのは、昔NHKで放送されていた「アルフ」です。所ジョージさんの笑い方が、ストレスも全て吹き飛ばしてくれます。休日は寝て飲んで飲んで飲んでの生活です。あまり人に言えるような休日は過ごしていません…。笑
 私はインドア派で、電話も嫌い、人付き合いも苦手です。ケアマネジャーとしては不向きだと思います。それでも日々の業務の中で人って少しは変わるものだなぁと感じています。もし私のような状況の方で就職を迷っている方がいたら、一歩踏み込んでみると違う景色が見れるかもしれませんよ。

ケアマネジャー 田中一徳(若松)

地域の課題解決の経験も

 ケアマネジャーはお客様が自立した生活を送ることが出来るためのサポート役です。介護サービスや社会資源を活用し、お客様の生活の質が改善された時にやりがいを感じています。私はきたふくに入職して8年になりますが、その間に地域包括支援センターへ出向させてもらい、地域課題の解決などにも取り組んできました。

 もともとは介護職で直接的に介護をしていた経験がありますので、ケアマネジャーとして様々な事例を担当するなかでもその経験が活かされ、スキルアップにつながっていると感じています。

“あなたが担当してくれてよかった”と思っていただけるように

 ケアマネジャーとして、お客様の生活の質の向上に向け日々奮闘していますが、担当させていただいたお客様に「あなたが担当してくれてよかった」と思っていただけるよう、真摯に業務に取り組んでいます。
 きたふくではケアマネジャーとしての専門的な研修はもちろん、接遇研修やパソコンのスキルアップ研修など、さまざまな研修が充実しています。そのような研修も受けることができるため、人間力向上へとつながり、結果としてケアマネジャー業務へ役立っていると感じています。

ワークライフバランスの実現
 きたふくのケアマネジャーは“フレックスタイム制”のため、ワークライフバランスを実現できています。仕事の予定に合わせて平日でも休みが取れるため、平日にしか営業していないお店に行けることも自分にとっては魅力のひとつです。休みの日は飲みに行ったり、遠出をしたりしています。急な飲み会の誘いがあっても翌日の出勤時間が自分で調整できるため、二日酔いで出勤しなくて済みます 笑 もちろん、仕事に影響が出ないように気を付けています。職場では冗 談を言い合ったり、悩みを共有することができたりと、とても仕事がしやすい雰 囲気です。

ケアマネジャー 山野亜紀(小倉北)

職場の雰囲気は家族的、そして仕事もきっちり。

 私が勤務する小倉北センターの雰囲気は家族的ですが、仕事はきちっとやっています。そして相談し易い環境です。働きやすさを実感しているエピソードとしては 例えば体調不良等で誰かが急に休むことになった場合、みんなが当たり前に代わりにしておくことはないか聞いてくれるなど、優しくて頼りになる人た
ちがたくさんいます。

 私たちケアマネジャーはご自宅で生活されている方が安心して生活が続けられるように介護保険制度を軸に支援の調整を行います。ケアマネジャーの仕事をする上では、お客様との適度な距離感を大切にしています。何でもお手伝いしたくなってしまいますが、私はあくまでサポート役等だと思いお客様の自立を阻害しないように心がけています。お客様が毎月の訪問を心待ちにして下さっていると嬉しい気持ちになります。

前職の知識も活かしてスキルアップ

 私は前職で看護師をしていました。看護師のほかに社会福祉士資格も所有しています。これまで外来、手術室、入院病棟、集中治療室、回復期病棟、施設と様々な形で医療の現場にいたので、見通す力は身に付いたと思います。多少医療の知識があるので、それを嚙み砕いて他のケアマネジャーに伝えることで自分のスキルアップにも繋がっています。
 また、きたふくではフレックスタイム制で勤務ができるので、プライベートの時間も大事にできていますし、社内で質の高い研修が受けられるのもありがたいです。平日は次の日に備え、 21 時半までには寝てリフレッシュします。子どもが寝ていなくても寝ます。 笑

きたふくが3回目の転職先。求む!新しい風!

 私はきたふく在職の方に声をかけていただき、ご縁があって入社しました。これまでは不妊治療と仕事の両立ができず、きたふくが3回目の転職先でした。
きたふく入職後は仕事が楽しくてしばらくそのことから離れてしまいましたが、やはり挑戦したいと上司に打ち明けた時に「自分にできることは何かある?」と言ってもらえたことに感謝しかありません。フレックスタイム制だったのも両立できた大きな理由だと思いますが、妊活中も産休前も復帰後も異動先もみんな良
くしてくれ、どこで働いても良い人ばかりです。人が一人変わるだけで事業所の
雰囲気も変わりますので、是非新しい風を吹かせて下さい!

色々質問したい、、、

どこに質問したら
いいの?

そんな時は、まずはこちらにお気軽にご連絡ください!

受付時間 平日 8:30〜17:00